FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポールを食らう!ゆるゆるマレーダンス

訪問ありがとうございます。右のコメント欄か下のコメントの所、ポチッと押して、感想などコメントくれれば、嬉しいです(^^; 

7月22日(土) 2日目 ② 2006年

シンガポールを食らう!と言うタイトルなのに、ここは、マレーシア、ジョホール・バル。その上、全然食らっていなくて申し訳ない・・・いそいで観光していきますね!

013_convert_20100629100309[1]

スルタン・アブ・バカール・モスク 通称、アブバカモスク
ジョホール水道を見下す丘の上に立つ白壁と青い屋根が美しいモスク。1893年から8年の歳月をかけて、スルタン・アブ・バカールによって建てられました。広い礼拝堂には2000人もの信者が一度に入れるそうです。数多いマレーシアのモスクの中でも最も美しいモスクの一つと言われています。後から知ったのですが、スルタンは ,親日的で、青い屋根瓦は日本の愛知県の三州瓦が使われているそうです。そう言われて、今写真を見ると、ほんと 瓦ですね!

スルタン・アブ・バカール・モスク Sultan Abu Bakar Mospue
<開館時間> 9:00〜17:00 金曜の12:00〜15:00と礼拝時間は入場できません。
<入場料> 無料
※入場の際、男性は長袖(半袖)長ズボン、女性は長そで、ロングスカート(長ズボン)、スカーフの着用が必要です。モスクでは貸し出しをしておりません。

014_convert_20100629104401[1]

スルタン・アブ・バカール・ロイヤル・ミュージアム
 王宮博物館
アブバカモスクの隣にあります。
緑豊かなイスタナ・カーデン内にあるヴィクトリア様式の王宮で、1866年にアブバカモスクと同様にアブ・バカール王により建てられました。現在でも王室の行事などに使われ、王宮内部は博物館になっています。
展示品や王宮内の設備は一見の価値があり、王一族の衣装や日本の美術品(明治天皇からの献上品なども、含む)も多数あるとのことでした。

スルタン・アブ・バカール・ロイヤル・ミュージアム Sultan Abu Bakar Royal Museum
<開館時間> 9:00〜16:00、金・祝日休館
<入場料> 大人US$7 (子供 US$3)


より大きな地図で スルタン・アブ・バカール・モスク を表示

022_convert_20100629100734[1]

カンボン・モハマド・アミン マレーシア文化村
マレー人の高床式住居 ということで案内されましたが、兼 お土産物屋?

カンボン・モハマド・アミ マレーシア文化村
ジョホール・バル市内にあるマレーシアの文化が手軽に体験できる施設。施設内には熱帯の植物や果物が植えられている庭があり、南国ならではのカカオや胡椒の木を見ることができます。その他ジョホール州の伝統音楽・舞踊のパフォーマンス、バティック(ろうけつ染め)体験、ピューター(錫)の型とりのデモンストレーションを見ることが可能です。またマレーシアの民芸品を買うこともできます。
<アクセス方法> ジョホール・バル市内から車で約10分
<営業時間> 9:00〜16:00
<入場料> 無料

015_convert_20100629100551[1]

レ、レトロすぎる・・・マレーのゆるゆる民族ダンス!

023_convert_20100629100641[1]

舞台横の 高床式住居の前で。
入り口は、青い階段を上り、イス横です。と言うかドアがない!?さすがに、おうちの中は遠慮して撮れませんでした。

020_convert_20100629100838[1]

おうちの敷地内で、子猫 発見!本当に小っちゃい!

016_convert_20100629100944[1]

と思いきゃ、あちこちに 猫ちゃんがごろごろ・・・

019_convert_20100629101038[1]

猿もいた。


021_convert_20100629102524[1]

近くの全く普通の民家。緑の中の一軒屋。シンガーポールは、ガーデンシティー、マレーシアは、ジャングルシティーとよばれるのもわかるなぁ。こっちの方が、洗濯物やら 暮らしが垣間見えて、風情がありますねぇ。

と、観光コースをはずれて うろうろ写真を撮っていたら、ガイドさんに叫ばれました!「先週もこのツアーで、勝手に道路に出た人が、バイクの2人乗りに肩からさげてたバックうばわれたですよ!あんまりはなれちゃ行けません!」
そ、そうなのか・・・こんなにのどかに見えるのに・・・でも、ジョホール・バルに限らず、日本でもおこること、私は、ジョホール・バル好きですよ。

そして、ツアーバスは、お土産には、何一つ目もくれず、猫ちゃんやら、近所の家やらを撮影していた私達を連れて、次のお土産買って欲しい場所、パティック工場へ向かうのだった。





   


下のコメントのところポチッと押して、感想などコメントくれれば、嬉しいです。 

ランキングに参加中です。ポチッと押してくれれば嬉しいです。


スポンサーサイト

● COMMENT ●

ゆるゆるダンス、いいねぇ!

マレーのゆるゆるダンス、のんびりしてていいねぇ~ 猫ちゃんは、わかるけど、一般家庭で サル飼ってるんかな。

千代田の寅蔵さん、こんにちは。

マレーのゆるゆるダンスには、ほんと目が点になりました。牧歌的というか何というか・・いっきに マレーシア気分になりました(^^; サルは、やっぱり かってるんだと思います。 

はじめまして

私のブログに訪問ありがとうございました。
ジョホバールはすぎただけで一切観光していないのですが、
本当にシンガポールの郊外みたいな物ですよね。
皆そこから通勤して働いているし、
シンガポールも長いこと行っていないけど、
アジアを旅行するのは大好きです。
またブログ楽しみにしておりますね。

takechan0312さん、こんにちは。

訪問ありがとうございます。嬉しいです。ジョホバールは、国境と言うよりも、隣村って感じですもんね。シンガポールとマレーシアの違いを、一気に感じる街でした。私の方こそ、これからもよろしくお願いします。

そうそう、お土産には目もくれずにねえe-440
民家の写真おもわずじーっと見て、生活者の寝たり食べたりを想像しちゃったよ 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://missnya.blog27.fc2.com/tb.php/15-2dc80270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シンガポールを食らう!サムスイウーマンは偉大なり。 «  | BLOG TOP |  » シンガポールを食らう!国境はどこだ?

ようこそ!

ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ
人気ブログランキングへ

フリーエリア

facebook 、ツイッター、始めました。

mixi me!!

mixiも始めました。 マイミク(友達)になってね。

来客数

あなたは

番目のお客様です。 2010年5月21日開設

プロフィール

にゃあ

Author:にゃあ
にゃあのブログへ
ようこそ!
世界を旅するのが
夢にゃあ~
大阪在住

カテゴリ

香港美食 (11)
香港観光 (2)
マカオ美食 (1)
台湾 (4)
シンガポール美食 (10)
シンガポール観光 (13)
ネコ (0)
その他 (3)
パン屋さん (4)
おいしい大阪 (2)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

翻訳Leggero

おもしろそうなのでつけてみました。

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。